ホーム > ニュース一覧 > 【バー ア シードル レストラン】オススメの一品


ニュース一覧

【バー ア シードル レストラン】オススメの一品

《春の新メニュー》

大西洋に面しているブルターニュは、フランス随一の海産物を誇る地方で、新鮮な魚介類を求めて世界各地から人々が集まります。
海辺のレストランでは大皿に生牡蠣やエビなどの魚介類が豪快に盛り付けられた「Plateau de fruits de mer(海の幸の盛り合わせ)」がなによりのごちそう。
レモンやマヨネーズをつけてそのまま手で食べます。

バーアシ-ドルでも日本各地の厳選した新鮮な魚介類をご用意しています。
まずは北海道函館産のくりガニ。見た目も味も毛ガニに似ていますが、春先のほんの短い間のみ味わえる希少種。
毎回函館から直送してもらい、活のままボイルしています。
生牡蠣はその日一番状態のよい産地のものを市場で吟味し、白バルサミコや昆布を使用した特製ソースを添えています。
その他貝類、エビなどと共に盛り合わせにして、ブルターニュ風にレモンや自家製かぼす風味のマヨネーズでお召し上がりいただきます。

新鮮な魚の幸をよく冷えた白ワインや辛口のシードルと一緒にお楽しみください。


また、開業20周年記念特別メニュー「ムニュー アニヴェルセル」や、軽いお食事からデザート付きのフルコースまで、その日のお腹の入り具合に合わせて3種類のセット内容からお選びいただける「ムニュー エルミーヌ」など、お得で豪華なコースを多数ご用意しております。
春の訪れを告げるフランス産のホワイトアスパラガスは、麦豚生ハムのサラダ仕立てに、ポーチドエッグ、トリュフのヴィネグレットを添えて、鮮やかなマリアージュをご堪能ください。
ととりこ豚のブルターニュ風ポトフは桜風味のコンディモンソースをアクセントに。
春野菜を使ったガレットは、釜揚げシラス、アカザ海老、桜エビなど旬の海産物を青紫蘇、山椒、ミュスカデなどを使ったこだわりのソースで、春の味覚を満喫いただけます。
皆様のお越しをお待ちしております。