ホーム > 会社案内




    フランス・ブルターニュ地方の食文化を日本の皆様へ

    株式会社 ル ブルターニュは、ブルターニュ地方の伝統料理「そば粉のクレープ“ガレット”」を提供するカフェクレープリー®を経営。また「シードル」をはじめとするブルターニュの厳選された特産品を輸入販売し、日本の皆様にご紹介しています。

    代表取締役社長
    LARCHER Bertrand ラーシェ ベルトラン

    1966年フランス フジェール(ブルターニュ地方)生まれ。
    フランス国立ディナールホテル学校卒業(ブルターニュ)
    2010年、FOODING名誉賞受賞。
    2015年、農事功労賞(L'ordre du mérite agricole)シュバリエ勲章を叙勲。
    スローフード協会会員。
    si tous les ports du monde会員。

    LARCHER Bertrand ラーシェ ベルトラン


    名称 株式会社 ル ブルターニュ
    所在地 東京都新宿区神楽坂4-2
    TEL 03-5229-3500 (代表) 03-3235-6457 (広報)
    FAX 03-5229-3535
    E-MAIL info@le-bretagne.com (お食事ご予約は各店までお電話下さい)
    Pour toute reservation, nous vous prions de bien vouloir telephoner au restaurant concerne. Merci de votre comprehension.

    地域に根ざした食文化の保存と発展

    日本最大のソバ産地 幌加内をはじめとする各地の「ソバ祭り」でガレット実演を披露し、また百貨店・各種団体・学校等でソバ食やブルターニュ地方の啓蒙活動を行っています。また本店カンカルが牡蠣の名産地であることから、牡蠣養殖や水産高校への支援、支援ポストカードの店頭販売など東北被災地との交流活動を継続中。また国際NGO「プランジャパン」に賛同し、現地の子供たちと文通しながら途上国の地域プロジェクト支援を続けています。

    東北の牡蠣養殖支援ポストカード
    東北の牡蠣養殖支援ポストカード

    【近年の主なイベント・活動】

    2016年

    3月
    ブレッツカフェ レシピ本(日本語版)出版記念パーティー開催
    3月
    FOODEX JAPAN 2016出展
    6月
    Sopexa Japon主催、「ソワレ・シャルキュトリ」参加
    6月
    熊本被災地支援(炊き出し)
    6月
    パリクラブ(日仏経済交流会)ディナーパーティー、トークショー開催
    7月
    アンスティチュ東京「パリ祭」出店
    9月
    株式会社ル ブルターニュ20周年記念パーテイ-開催
    10月
    国際NGOプランジャパン「国際ガールズデー」協賛
    10月
    アンステイチュ東京「美食の祭典」出店、シードルセミナー開催
    10月
    熊本 鶴屋百貨店「フランス展」出店
    10月
    都内小学校にて「味覚の授業」講師
    11月
    長野県南箕輪村 信州大芝高原「味工房」の開発協力

    2017年

    2月
    T-fal 主催「フレンチクレープデー」協力
    3月
    FOODEX JAPAN 2017 出展
    4月
    銀座三越「フランスフェア」出店
    6月
    アンスティチュ・フランセ東京「音楽の日」出店
    7月
    神楽坂祭り出店
    7月
    アンスティチュ・フランセ東京「パリ祭」出店
    9月
    アンスティチュ・フランセ東京「美食の祭典」出店
    10月
    熊本 鶴屋百貨店「2017 フランス展」出店
    10月
    日本橋三越「フランス展2017」出店
    10月
    都内小学校にて「味覚の授業」講師

    2018年

    3月
    FOODEX JAPAN 2018 出展
    4月
    新宿伊勢丹「フランス展」出店
    6月
    アンスティチュ・フランセ東京「音楽の日」出店
    7月
    神楽坂祭り出店
    7月
    アンスティチュ・フランセ東京「パリ祭」出店
    9月
    幌加内「世界そばマルシェ2018」出店
    10月
    熊本 鶴屋百貨店「2018 フランス展」出店
    10月
    日本橋三越「フランス展2018」出店
    12月
    アンスティチュ・フランセ東京「クリスマスマーケット」出店
    沿革
    1996年ル ブルターニュ 神楽坂店 オープン
    1998年ル ブルターニュ 表参道店 オープン
    1999年シードル卸売事業 開始
    2002年ブレッツカフェ エクスプレス 横浜赤レンガ倉庫店 オープン
    2005年ブレッツカフェ クレープリー カンカル研修センター オープン
    2007年ブレッツカフェ クレープリー パリ研修センター オープン
    2007年ブレッツカフェ クレープリー 新宿タカシマヤ店 オープン
    2008年ブレッツカフェ クレープリー 名古屋店 オープン
    2009年ブレッツカフェ クレープリー 銀座店 オープン
    2012年エピスリー ブレッツカフェ パリ店 オープン
    2012年バー ア シードル レストラン オープン
    2013年コントワール ブレッツカフェ サンマロ研修センター オープン
    2014年ブレッツカフェ レピスリー 表参道店 オープン
    2014年表参道店 ブレッツカフェ クレープリー に改名
    2014年ブレッツカフェ クレープリー 京都店 オープン
    2016年ブティック ル ブルターニュ 神楽坂店 オープン
    2017年ブレッツカフェ パリ オデオン研修センター オープン
    2017年サンマロ OTONALI オープン
    2018年ブレッツカフェ パリ モントルグイユ研修センター オープン
    2018年クレーピエ養成学校 アトリエ ドゥ ラ クレープ(サンマロ)開校
    2019年ブレッツカフェ パリ バティニョール研修センター オープン
    技術協力店

    Breizh Café パリ・バティニョール店

    31 Rue des Batignolles,
    75017 Paris France
    Tel: 33.(0)1.40.07.11.69

    Breizh Café パリ・モントルグイユ店

    14 Rue des Petits
    Carreaux 75002 Paris France
    Tel: 33.(0)1.42.33.97.78

    Breizh Café パリ・マレ店

    109 Rue Vieille du Temple
    Le Marais 75003 Paris France
    Tel: 33.(0)1.42.72.13.77

    Breizh Café パリ・オデオン店

    1 Rue de l’Odeon,
    75006 Paris France
    Tel: 33.(0)1.42.49.34.73

    Breizh Café カンカル店

    7 Quai Thomas
    35260 Cancale, France
    Tel: 33.(0)2.99.89.61.76

    Les chambres d'Hôtes Breizh Cafe

    7 Quai Thomas
    35260 Cancale, France
    Tel: 33.(0)2.99.89.61.76

    La Table Breizh Café

    7 Quai Thomas situé au 1er étage
    35260 Cancale, France
    Tel: 33.(0)2.99.89.56.46

    L’Epicerie Breizh Cafe

    111 RUE VIEILLE DU TEMPLE,
    75003 PARIS
    Tel: 33.(0)1.42.71.39.44

    Le Comptoir BREIZH Café

    6 RUE DE L’ORME 35400
    SAINT-MALO
    Tel: 33.(0)2.99.56.96.08

    OTONALI

    6-8 RUE DE L’ORME 35400
    SAINT-MALO
    Tel: 33.(0)2.23.18.76.81

    協力 フランス政府観光局
    Centre Régional du Tourisme de Bretagne(ブルターニュ地方観光局)
    Fans de Bretagne tourisme bretagne.com
    SlowFoodJapan(スローフードジャパン)
    si tous les ports du monde

    食文化の継承

    食事に長時間をかけるフランスでは食文化が大切にされ、EU統合後も高い食料自給率が維持されています。農業が盛んなブルターニュでは有機農業転換率が高く、美味しい食べ物に恵まれた地域となっています。

    一方、フランス全体で食文化が均一化し、消えていく地方料理もある現状。ブルターニュでも伝統料理であるガレットを家庭で食べる機会は以前より少なくなってきました。

    食の安全や地産地消が問われる今の日本。次世代への食文化継承は確かなものでしょうか。